初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコをやめたい時-ヤメ時の見極め

◆やめたいとき

閉店時間が近くなってきた、あるいは用があるので途中で帰る時には、台の上部にある呼び出しボタンか合図して店員を呼びます。これはあくまでドル箱を積んでいる時です。負けて帰る場合はそのまま帰ればいいだけ。

パチンコ台の上部にはその日の大当り回数などのデジタル表示されているところがあると思うのですが、そこに呼び出しボタンがあります。漢字で「呼出」という風に表示されていると思います(英語とかもあるかもしれません)。

間違えて違うボタン(例えば大当り情報など)を押して待っていても来ないので、よく見てから押しましょう。

ボタンを押すと店員が来ますので、「帰ります」とか「やめます」とか言ってもいいですし、両手の人差し指で×を作ってやめることを伝えるのもいいです

この際、座ってやるよりも立ってやったほうが帰るのがより伝わりやすくなります。店内は非常にうるさいので私はいつもこの方法です。

◆ドル箱(出玉)がある場合

昔は、やめたい時は自分でドル箱をジェットカウンターに流して、レシートを取り、景品カウンターに持っていくこともあったのですが、今はほとんどが店員がドル箱を持っていきます。

全国のホールがみんなそうではないかもしれませんが、地域によっては自分でやるなんてとこもいまだにあるかもしれません。

ジェットカウンターにおける不正行為も今はあるようなので基本的には自分で持って行かない方がいいです。店員の方におまかせしましょう。

◆確変中に帰らない

それと念のため言っておきますが、くれぐれも確変中に台を捨てて帰らないようにしてください。

確変絵柄で大当りすると大当り確率が上がり次の大当りが早めに来るからです。パチンコについて全く知らないと一回大当りした後に満足してしまい換金して帰ってしまう人がいますが、それはお金をドブに捨てるのと同じです。

◆撤退ポイント

wakaremichi_manパチンコ遊戯を終了して帰るまでを説明しましたが、話が前後しますがどのようなタイミングで撤退するかが悩むところでもあります。

ドル箱を積んでいると欲が出て撤退ポイントを見誤ることも多くなるようです。

人によって撤退ポイントは色々あると思いますが、私の場合は以下の2点に気を付けています・・・

回転しなくなってきた時

一日中パチンコをしていると午前は回ったのに午後は回らなくなってきたってことがあります。そんな時は他の台に変えるか、撤退します。ただし、繁盛店だと午後になると満席状態になったりするので釘の甘い台を確保することは困難になります。

この際、妥協してクソ台に座ってはダメです。妥協して全然回らない台に座ることはパチンコで負ける典型的なパターンです。空いている席に座っちゃダメですよ!

予算をオーバーした時

money_kinketsu_man予算をオーバーした場合、銀行のATMにお金を下しに行く人が多いですが、やめた方がいいです。そういう時は頭が熱くなっていることがほとんどです。大連荘でもしない限り勝てません。

下手すると10万円以上の大損失になってしまい、家賃や食費などが足りなくなってしまうこともあるので絶対に予算は決めて厳守した方がいいでしょう。

ハイエナされるのが嫌なのはわかりますが、長い目でみるとそのような立ち回りをしている人は勝てていません。

では次に、ジェットカウンターでの計数について見ていきましょう。下のボタンから次ページへお進みください。

navigation_back2navigation_next2
こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー