初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコをプレイする(パチンコの打ち方)-どこに打つのかを指南!

■プレイする

game_pachinko玉を借りて上皿に玉が補給された状態になったら玉を打ちます。

右下にあるハンドルを右に回すと玉が出ますので、すばやくブッコミめがけて調整してください。ブッコミを含めた各種ストロークは下図を参照。各ストロークの説明はこちらを参照。

通常は下図のブッコミ打ちの辺りをめがけて打つのですが、パチンコ台にはそれぞれの台にクセのようなものがあって午前中は回っていても(中央チャッカーに入りやすくなるということ)午後は回らなくなってきたなんてことがよくあります

そういった場合には少し緩めに打ったり、強めに打ったりすることで再び回りだすこともあることを覚えておいてください。漫然とパチンコを打っていると1000円当たりの回転数が何回かを確認しなくなりがちですので常にその台が回りやすい台かを意識した方がいいでしょう。

straight

回らなくなってきたらすぐに撤退しなくてはなりません。回らない台では運でしか勝つことができません。

なお、ハンドルにはストップボタンが付いていてハンドルを回した状態になっていてもストップボタンを押せば配球が停止されます。

これは止め打ちに使うものです。パチンコはスタートチャッカー(ヘソ)というところ(盤面中央下)に玉が入ると大当たり抽選が開始されるのですが、メモリー機能が最大8個までです(昔は4個までだった)。

つまり保留ランプ(液晶画面の上のある8つ(最大)並んだランプが満タンに点灯するとそれ以上スタートチャッカーに玉を入れても大当たり抽選はしません。賞球があるのみです。

保留ランプがどこにあるのかわからない場合は、パチンコメーカーやゲージ表を見たり、YouTubeの動画で確認できる場合もありますが、実機を打ってみてヘソ(中央チャッカー)に玉が入ると同時にランプが付く場所があるはずです。そこが保留ランプです。

game_centerいきなり実店舗に行くのが嫌ならばゲームセンターのパチンコ機でやればいいと思います。

最近のパチンコ台はやたらと液晶ランプがあちこちで光るので初めての方は若干わかりにくいかもしれませんが、だいたい中央あたりを探せばわかるはずです。

※下の図は私が作ったものですが、少し古くて今は保留ランプは8つが主流です。

gage

なので、保留ランプが満タン状態で玉を打つのは無駄なことなのです。ちなみに保留ランプが満タンにもかかわらず打ち続けることをオヤジ打ちと言います

そのためにストップボタン(ハンドルについています)を使います。

もちろん、ハンドルを元に戻して出玉を停止してもOKですが、またブッコミにすばやくあわせないといけませんのでストップボタンを押すと便利です。ストップボタンはスロットルの左側についています。

ちなみに私はほとんどストップボタンを使いません。固定してもだんだ緩んできてストロークが乱れますし、自分の手でハンドルを掴んで打つことで釘の調子を把握できるからです。

やっぱり大連荘するパチンコ台っていうのはイキイキしているのを感じることができます。それを自分の手で実感してほしいのです。

では次に、パチンコで大当たりしたらどうするのかを見ていきましょう。下のボタンから次ページへお進みください。

navigation_back2navigation_next2
当サイトメインコンテンツ
ギャンブルの還元率ランキング
ギャンブルをやる上で、還元率を把握することは非常に重要。勝ち目のない宝くじやロトばかりやっていてはダメ。
確率収束論
ギャンブルは確率のゲーム。確率の理屈がわかれば、冷静にパチンコなどのギャンブルに向き合うことができます。
パチンコ初心者の打ち方
パチンコ初心者向けにパチンコの打ち方を説明。玉の借り方、確率変動、出玉の交換、景品交換などについてわかりやすく解説しました。
パチンコ店の選び方
パチンコに勝つためにはまずは店選びから。ロケーション、時季、経営形態など様々な角度から優良店を探します。
デジタル機の釘読み羽根物の釘読み
パチンコの釘読みを図解入りで解説しました。 パチンコはいまだに釘読みが重要。初心者の方でも理屈さえ覚えれば後は場数をこなすだけです。
パチンコ軍資金の稼ぎ方
ギャンブルは軍資金がどれだけあるかによって勝ち負けを左右するほど重要です。管理人がやっている稼ぎ方を惜しげもなく公開しています。
ギャンブル運を上げる風水
パチンコで勝つには運も重要。風水やグッズなどをご紹介!今日のギャンブル運占いや吉方位判定ツールもあるよ!
パチンコ景品交換時の端数自動計算ツール
玉数と特殊景品の単位を入力するだけで端数を自動計算できます。景品交換時の便利ツールです。

関連記事

カテゴリー